株式会社グローバルコード

Employee 社員紹介

人や国をつなぐ仕事だから、トラブル解決も醍醐味のひとつ

取締役 金沢 吉治

日韓貿易を中心とした営業を担当しています。
例えば、日本のお客さまにうかがった要望に最適な商材を探したり、新たに生産するべく韓国メーカーと協議して日本のお客さまにご提案するのが仕事です。

国や地域ごとに国民性や文化が異なり、時にはビジネスがスムーズに進まないこともありますが、そんな苦労も世界中のビジネスマンを相手に仕事をしていれば当然のこと。解決するのも仕事の醍醐味です。

これからも「自分は何のために仕事をしているのか」や、グローバルコードという社名に込めた『国と国、人と人の架け橋になる』という目的、使命などを胸に刻みつつ『WIN-WIN-WINの創造』をめざします。

開発をお手伝いした新商品が店頭で販売される姿に感動

課長 黄 明恵

メーカー様の新商品開発部をサポートする業務を担当しています。
具体的には、新商品の中で実現したい機能や要望を企画段階でうかがい、それを実現できる部材やパーツを調達するお手伝いをしています。

既存製品の調達か、新たに設計して生産するか、実現不可能かを判断できる材料を提示するのも大きな役割。新規生産の場合は、外国メーカーと仕様や量産などの調整も担当します。ゼロからの新商品開発サポートはやりがいがあり、商品が完成して店頭に並ぶ姿を見る時は嬉しさのあまり泣きそうになります。今後もより良い仕事ができるように自分自身を進化させ続けたいですね。

将来は、女性向けのコスメやジュエリー、アパレルなどを取り扱えるようなビジネスの開拓をめざします。

得意な語学力を生かして、ビジネスの成功を支える

課長 金 美香

営業が組んでくれた輸出入に関するスケジュールに合わせ、必要書類の準備や協力会社との調整、入出金確認など、貿易業務に関する事務作業全体を担当しています。

主に韓国との貿易に関する事務作業を担当することが多いのですが、自分が一番自信を持っている語学力を生かせる仕事なので本当に楽しいですね。スケジュールがタイトな時は弱音を吐きそうになるのですが、それ以上に外国の人たちとコミュニケーションする楽しさ、問題を解決した時の爽快感が上回っています。お客さまの前に出る仕事ではありませんが、これからもグローバルコードのビジネスをしっかり支えます。

最善を尽くすからこそ嬉しいお客さまからの感謝のひと言

課長 釜井 正美

お客さまとのコミュニケーションや書類作成など、輸出入に関する実務全般を担当しています。
商品が世界中の海を渡るプロセスへの関わり方は、基本的に電話やFAX、メールのみ。なのに、まるで自分自身が世界中を旅しているように感じるのが、貿易業務の面白さであり醍醐味だと思います。時には、出荷元と納入先のお客さまの間で板挟みになって苦しい時もあります。しかし、無事に商品が届き「ありがとう」のひと言をいただくと、いつも「この仕事をやっていてよかったな」と実感します。

貿易業務はチームワークが重要。グローバルコードは若手とベテランが融合し、最高のチームワークを誇ります。長年培ってきた信用と信頼を大切にしつつ、いかなる困難にも最善を尽くしてお客さまのビジネスに貢献します。

サッカーで得た経験を糧に新規事業を成功に導きたい

林 雄都

初めての社会人生活の場にグローバルコードを選んだのは、若手社員ではできない仕事にも挑戦できる環境があると感じたから。
実はその機会がいきなり訪れ、今は社内の誰もが未経験の新規事業立ち上げにチャレンジしています。

グローバルコードは、私以外の全員がバイリンガル。語学力を含めて大きな成長が求められる環境ですが、支えは学生時代のサッカー経験です。高校時代はベンチ外から補欠へ、そして全国大会優勝時にはレギュラーとして名を連ねた成功体験は、仕事でも大きな原動力になっています。今の目標は新規事業をローンチして成長させること。デスクに貼った『毎日、自分史上最高!』という言葉を見て自分自身に気合いを入れながら、一日も早く会社の利益に貢献できる社員に成長することをめざしています。

“一期一会”に感謝できる
ビジネスウーマンをめざす

長谷川 梨紗

海外留学で学んだ語学力やグローバルな思考を生かして働きたいと考え、グローバルコードに入社を決めました。
学生時代はいち早くビジネスの現場で活躍したくて意識していたのは、語学をはじめとした“知識”の部分。しかし実際にビジネスの現場に触れて感じたのは、語学力や知識量以上に人への気遣いといった“人間力”の大切さでした。自分が携わるビジネスを通じて暮らしを豊かにするなど、世界のどこかにいる誰かのお役に立ちたいという想いがあります。早くビジネスの最前線で活躍できるように、資格取得などの学びと現場での実践を積み重ねています。まだまだ学ぶべきことが多い毎日ですが、ビジネスを通じて出会う皆さまとの“一期一会”を楽しみにしています。

円滑なコミュニケーションで
ビジネスの縁の下の力持ちに

部長 孫 慶哲

韓国向けの輸出業務を20年以上担当しています。
海外企業とのビジネスで電話やメールなどを活用すると、どうしても事務的なやりとりになりがち。その結果、意思疎通が不十分になり誤解を生むことがあります。

グローバルコードは、お客さま同士が直接話し合うよりも円滑にコミュニケーションを仲介し、ビジネスを成功に導く“縁の下の力持ち”の役割を果たします。これができるのは、両者の国民性や言葉のニュアンス、文化や考え方を十分に理解しているからです。ほぼ全スタッフがバイリンガルで海外留学や海外滞在経験を持つグローバルコードは、長年の経験と信頼、そして両者の“心”を理解したコミュニケーションで、スムーズなビジネスをサポートします。